11月, 2014年

お仏壇の定期御魂抜き・お性根抜きご供養完了動画報告

2014年11月19日

おはようございます。
リセット藤井です。

11月19日、水曜日です。

一昨日11月17日(月)、弊社供養場にて、お仏壇・お位牌などの、定期御魂抜き・お性根抜きご供養をとり行いました。
ご供養の様子を撮影した動画を下記または、大阪版ホームページ上
http://reset-soul.com/lp1/
でご覧いただけます。

ご依頼いただいておりましたお客様には、完了のご報告ハガキを発送させて頂きました。
ありがとうございました。
次回の定期ご供養日は、2014年12月29日(月)の予定です。

カテゴリー: お仏壇ご供養のお知らせ |

お仏壇の御魂抜き・お性根抜きご供養完了報告

2014年11月18日

おはようございます。
リセット藤井です。

11月18日、火曜日です。

昨日11月17日(月)、弊社供養場にて、お仏壇・お位牌などの、御魂抜き・お性根抜きご供養をとり行いました。
ご依頼いただいておりましたお客様には、完了のご報告ハガキを発送させて頂きました。
ありがとうございました。
次回の定期ご供養日は、2014年12月29日(月)の予定です。

P1020800

P1020812

「聞くより聴く」by 仏壇処分と仏壇供養リセット

2014年11月17日

おはようございます。
リセット藤井です。

11月17日、月曜日です。
本日は弊社供養場での定期ご供養日です。

導師様にお出でいただき、お仏壇等の御魂抜きご供養を行っていただきます。

さて今日は「聞く」より「聴く」についてです。 

人に求めてばかりで与えようとしない人、
という方々はけっこういます。

みなさんの周りにもおられるのではないですか?

こういう方々は自然と周りの人は離れていきます。

きちんと理由を告げて離れていくわけではないので、
自分で気づかない限り、親身にサポートしてくれる人が
なかなか定着しません。

ビジネスでは雇用関係や取引がある限りいやでも付き合いますが、
プライベートではホントに正直なものです。

もしそういう「人に求めてばかりで与えようとしない」自分に
気づいたなら最初にやるべきことは、人の話を「聴く」ことです。

「聞く」のではなく「聴く」のです。

「聞く」とはただ音が聞こえているだけです。
音声が空気中を伝わって耳の鼓膜を振動させているだけ。
脳内には残りません。

一方「聴く」とは心の声を感じることです。
心の叫びを感じ取ることです。
相手の話の本質は何かを理解してあげることです。

悩みに対して必ずしも解決策を提示する必要がない、
みたいな感じです。

相手は答えを欲しがっているわけではないかのしれません。

相手の話を「聴く」時に、
正解を用意してあげる必要はないということを前提にすれば、
結構親身に聴いてあげることができるようになります。

いわゆる「傾聴」というやつですね。

相手の心はいまどんな状態なのかを理解し、
わかってあげられるようになると、
人の話を「聴く」ことができるようになります。

一度やってみてくださいね。
一気に人間関係が改善していきますよ。

直近のお仏壇定期ご供養は
9月27日(土)に、完了いたしました。

次回は、本日11月17日(月)です。

メルマガ購読はコチラからお願いします(無料)↓
http://reset-soul.com/osaka/melmaga#melmaga

お仏壇ご供養処分 大阪版ホームページ http://reset-soul.com/osaka/

「安売り競合他社がやってきたら?」by 仏壇処分と仏壇供養リセット

2014年11月10日

おはようございます。
リセット藤井です。

11月10日、月曜日です。

私が平均単価5万円で提供している供養代行サービスに、
ある時新規参入会社が料金5千円で対抗してきたことがありました。

超安売り料金でネットPPC広告をバンバン打ってきたのです。

なんと10分の1の値段設定です。
おそらくお客さんは喜んで飛びつくと考えて
このような設定をしたのだと思います。

しばらくするとこの業者は姿を消しました。

さて高齢者ビジネスと、一般のビジネスの
最も大きな違いは何でしょう?

それは、より信用が大切だということです。
もちろんすべてのビジネスに信用は欠かせません。

が、誤解を恐れず言うなら、高齢者ビジネスでは
より信用してもらえるような広報発信活動が必要ということです。

もちろん実際に行うサービスは、ちゃんとしたものであって、
まじめに嘘をつかず提供することが大前提ですが、
そのことを知ってもらわないことには始まりません。

ホームページやパンフレットなどで、
商品説明やサービス内容の紹介は必ず必要ですが、
それと同じくらい「信用という名の商品」の
詳細説明がより大切になってきます。

ビジネスの内容によっても違いはありますが、
高齢者の方は料金が高い安いよりも、この
「信用という名の商品」に選択の比重をおいておられる方が多いのです。

姿を消した安売り業者は、
料金の安さについては詳細発信していましたが、
信用という名の商品説明が欠けていたのだと思います。

そうは言っても、ただまじめにコツコツ仕事をこなしているだけでは
信用そのものは誰にも気づいてもらえません。

だからこそ、この「信用という名の商品」の
広報発信活動が必要になってくるのですね。

そして他社の参入障壁作りは価格ではなく、
この信用という名の商品の中でこそ作っておくべきだと思います。

直近のお仏壇定期ご供養は
9月27日(土)に、完了いたしました。

次回は、来週11月17日(月)の予定です。

メルマガ購読はコチラからお願いします(無料)↓
http://reset-soul.com/osaka/melmaga#melmaga

お仏壇ご供養処分 大阪版ホームページ http://reset-soul.com/osaka/

「ダラダラウイルス」by 仏壇処分と仏壇供養リセット

2014年11月04日

おはようございます。
リセット藤井です。

11月4日、火曜日です。

怠け者の自分と、勤勉な自分。
日々この2つの人格が心のなかで闘いながら、
そして葛藤しながら生きています。

放っておくと怠け者の自分が絶対勝利(笑)
しかも完全勝利宣言です。

しかしあまりにも怠けていると、
勤勉なもうひとりの自分が、
「え~かげんにしときや!」
とつぶやいてきます。

「それならしゃ~ないな~」と言って
怠け者の自分が一旦顔を引っ込めます。

しかしちょっと目を離すと
またダラダラ怠け者ウイルスが押し寄せてきます。

このダラダラ菌は、目標や目的を持たずに生きている人間を
標的にして体内に侵入してきます。

目標・目的を持って情熱的に生きている人は、
体内に抗体をもっているので、ダラダラ菌には侵されません。

つまり・・

怠け者に成り下がりたくない時は、
無理矢理にモチベーションを上げようとするのではなく、
明確な目標・目的をまず決めることが先決です。

とりあえず決める!です。

これさえ決まれば、ダラダラ菌は近寄ってきません。

怠けてたらイカン、
だらだらしてたらイカン、
このままじゃイカン、
なんとかせんとイカン、

と否定的な考えで心がいっぱいになるくらいなら、
仮でもいいので、
とっとと生き方を決めてしまいましょう!

直近のお仏壇定期ご供養は
9月27日(土)に、完了いたしました。

次回は、11月17日(月)の予定です。

メルマガ購読はコチラからお願いします(無料)↓
http://reset-soul.com/osaka/melmaga#melmaga

お仏壇ご供養処分 大阪版ホームページ http://reset-soul.com/osaka/

1 / 11