ホーム > 送骨納骨仕舞いご依頼事例

送骨納骨仕舞いご依頼事例

送骨納骨仕舞いご依頼事例

  • 事例1

    故人のご家族(子どもさん)からのご依頼

    父母が亡くなり、私は娘で嫁いでおり男兄弟もいませんので、お墓の面倒も含め、あとを引き継ぐことができません。
    お墓終いと同時に、遺骨の納骨〜永代供養などでどうしたら良いか困っていましたが、「送骨納骨仕舞いサービス」を知り、お願いいたしました。
  • 事例2

    故人のご親類(甥っ子さん)からのご依頼

    叔母が亡くなり子どももいないので、甥の私が遺骨の仕舞いや、お仏壇・位牌の供養処分などの面倒を見ることになり困っておりましたが、御社のサイトでこのサービスを知り、ご相談させていただきました。
    「お仏壇の御魂抜きご供養」と「送骨納骨仕舞い」を依頼させていただき、大変助かりました。胸のつかえがとれ、ほっと安心しました。
  • 事例3

    不動産管理会社さまからのご依頼

    ひとり暮らしの入居者が亡くなり、身よりもなく部屋に仏壇と遺骨が残されていました。特に遺骨は勝手に処分すると法に触れるので、どうしたものかと困っておりましたが、「送骨納骨仕舞いサービス」のことを知り、ご相談いたしました。
    本来なら納骨時に必要になる「火葬証明書」も見当たリませんでしたが、対応していただき助かりました。ついでにお仏壇とお位牌のお性根抜きと処分もお願いしました。
  • 事例4

    成年後見人(司法書士)さまからのご依頼

    私は司法書士で成年後見業務を行っています。ご依頼人様からのご希望で、自宅に保管してあった遺骨を納骨しておきたいということでしたが、お墓は作らないということでしたので、この「送骨納骨仕舞いサービス」のことを探し、ご相談・ご依頼いたしました。
    ご本人やご家族もこれで一安心と喜んでいただけました。
  • 事例5

    高齢者介護施設さまからのご依頼

    当施設に入居されていた方が亡くなりました。お部屋に残されていたお仏壇及び遺骨の処理を、どうしたものかとご家族から相談され、以前にもお願いした御社のサービスを利用させていただきました。
    ご家族の方は、お仏壇も遺骨も引き取れないというご事情でしたので、少しでもお役に立てて良かったです。
  • 事例6

    業者さま(リフォーム&遺品整理業者さま)からのご依頼

    リフォーム業者です。改装工事をするため遺品整理をしていたら、部屋の中から骨壷が見つかりました。引き取り手がいないため当方で埋葬しなくてはいけなくなり、ゴミとして捨てるわけにも行かず、どうすればいいか困っていました。御社のホームページを見て法的にも問題なく埋葬していただけるということで、安心して依頼しました。送骨以外でも訪問回収もしていただけるということで助かりました。

 

お電話によるお問い合わせはコチラ

  • お問い合せフォームはコチラ
  • よくある質問はコチラ
  • お仏壇の供養整理はコチラ
  • お位牌の供養整理はコチラ

  • お電話によるお問い合わせはコチラ
  • お問い合せフォームはコチラ
  • よくある質問はコチラ
  • お仏壇の供養整理はコチラ
  • お位牌の供養整理はコチラ

 

供養じまいビジネス開業準備講座

供養じまいビジネス開業準備講座

 

▲このページのトップに戻る