/
 /

兵庫県神戸市内で仏壇処分をする3つの方法と費用相場

神戸市は人口152万人と兵庫県内最大であり、それに比例して仏壇や位牌の整理処分をする人も多いです。

【仏壇整理前の供養例↓】

s処理済~P1090686

仏壇や位牌の整理・処分をすることをまとめて「供養じまい」と呼びます。「供養じまい」をする主な理由は、両親が亡くなったり、高齢者施設へ入居したりするなどです。その他きっかけは何であれ、仏壇の面倒を継承して見られなくなるからです。

ただ、こうした「供養じまい」を具体的にどうすればいいのかわからない人も多いです。今回は「兵庫県神戸市内で仏壇処分をする3つの方法と費用相場」について、具体的に解説します。

1、仏壇整理の流れ

実際に、仏壇整理をする一般的な流れは、

手順1:まず仏壇から魂を抜く供養をする
手順2:ご本尊・位牌などのお焚きあげをする
手順3:仏壇本体を廃棄処分する

となります。それぞれの手順については何通りかの方法があります。例えば、

▶手順1:「仏壇から魂を抜く」方法3通り
①檀家さんの場合、直接寺院に依頼する
②インターネットの僧侶手配サービスを利用する
③仏壇整理の専門業者にお坊さん手配をしてもらう

▶手順2:「ご本尊・位牌などのお焚きあげをする」方法3通り
①供養してもらったお坊さんに依頼する
②仏壇整理の専門業者に引き取ってもらう
③位牌じまいの専門業者に依頼する

▶手順3:「仏壇本体を廃棄処分する」方法3通り
①神戸市の大型ごみ収集制度を利用する
②仏壇整理の専門業者に引き取ってもらう
③遺品整理業者などに引き取ってもらう

それぞれ具体的な方法について解説します。

2、「仏壇から魂を抜く」方法3通り

2-1、魂を抜く方法①:檀家さんの場合、直接寺院に依頼する

多くの仏教宗派では、仏壇整理をする際、はじめに

・魂(たましい)抜き
・お性根(しょうね)抜き

と呼ばれる「閉眼(へいがん)供養」を行ないます。浄土真宗では魂抜きではなく「遷座(せんざ)供養」などと呼ばれています。

こうした供養はお坊さん・寺院へ依頼します。その1つ目の方法として、あなたが檀家(だんか)さんなら、その檀家になっている檀那寺(だんなじ)に直接、魂抜き供養を依頼するのが原則です。

檀那時は、檀家がお布施や寄付をする代わりに、急な葬儀や法要の供養をしてくれるという関係にあります。檀家さん以外の家には通常来てくれません。

【お坊さんによる魂抜きの例↓】

s処理済~P1090617

魂抜き供養で檀那時のお坊さんに支払うお布施料金ですが、定価というものはありません。ただ、相場は1~5万円程度です。宗派や寺院によっては5~10万円という場合もあります。

現実には、お布施以外にも、お車料・お膳料・心付けなどが必要な場合もあります。数十万円の法外なお布施を要求されることもあり、事前確認が必要です。

この方法の、
メリット:いつものお坊さんが来てくれて安心
デメリット:お布施金額で悩む、檀家関係がわずらわしい

【お布施金額は悩みのタネ↓】
sP1090958

2-2、方魂を抜く法②:インターネットの僧侶手配サービスを利用する

お坊さんに魂抜き供養を依頼する2つ目の方法は、檀家でなくても1回だけでも来てもらえる「僧侶手配サービス」の利用です。

知っているお坊さんがいないあるいは、檀家を離れたい場合などに便利です。お布施料金はすべて込みで、総額3.5~4.5万円が相場です。

この方法の、
メリット:わずらわしい檀家関係がない、お布施金額が決まっている
デメリット:どんなお坊さんが来るのかわからない

【どんなお坊さんがくるかわからない↓】

186020ae34c9fd5208234b5e25e34c52_s

神戸市で魂抜きの僧侶手配サービスはコチラ⇒https://reset-soul.com/useful/obousan/

2-3、魂を抜く方法③:仏壇処分業者に依頼する

お坊さんに魂抜き供養を依頼する3つ目の方法は、仏壇整理・処分の専門業者に依頼するやり方です。

もともとこうした業者は、仏壇仏具一式を引き取り自社の供養場で魂抜きを行ったあと、お焚き上げなどの処理をしてくれるサービスを行っています。

希望すれば、提携しているお坊さんに直接家まで魂抜き供養に来てもらえるオプションサービスを選択できます。お布施金額は、2~3万円程度が相場です。

この方法の、
メリット:仏壇・位牌の引取りを同時依頼できる、お布施マナーに気を使う必要がない
デメリット:一式依頼する場合は費用がかかる

【お布施のマナーがわからず気を遣いたくない↓】

sP1090955

神戸市で仏壇処分の専門業者サイトはコチラ⇒https://reset-soul.com/lp1kobe/

以上の3つの方法のどれかで魂抜き供養が済めば、次に仏壇内部のものの処分をします。

3、「ご本尊・位牌などのお焚きあげ処分をする」方法3通り

3-1、ご本尊・位牌の処分方法①:檀那時のお坊さんに依頼する

「ご本尊である仏像や掛軸・位牌・遺影写真・過去帳」など魂抜き供養の対象になるものは、供養後にお焚き上げをするのが望ましいとされています。

檀家さんが檀那時のお坊さんに供養を依頼した場合、希望すればこれらご本尊や位牌を持ち帰ってお焚き上げしてもらえることが多いです。(通常、仏壇本体は持ち帰ってもらえません)

ただ、魂抜きの対象にならない一般的な仏具(おりん・木魚・ろうそく立て・香炉)などは、あなたに心理的に抵抗がなければ、神戸市のゴミ収集や資源リサイクル品として処理しても問題ありません。

檀那時のお坊さんにご本尊・位牌の処分を依頼した場合の費用は、一般に供養のお布施に含まれていると考えればよいでしょう。ただし、気になる場合は、お布施料金に気持ちをプラスしておけばオッケーです。

直接檀那時のお坊さんに費用を聞いても問題ありませんので、尋ねてみましょう。

3-2、ご本尊・位牌の処分方法②:仏壇整理業者に引き取ってもらう

仏壇整理・処分の専門業者に依頼すれば、ご本尊仏像・掛軸や位牌の魂抜き供養から引取り~お焚き上げ処分まで一式依頼することができます。

もちろん、ご本尊や位牌などを単独で引き取ってもらうこともできます。

仏壇整理・処分の専門業者に依頼した場合の費用は、仏壇と同時引き取りであれば、1点1,000~3,000円程度が相場です。ご本尊や位牌だけを単独で依頼した場合は、1点5,000円程度です。

神戸市で仏壇処分の専門業者サイトはコチラ⇒https://reset-soul.com/lp1kobe/

3-3、ご本尊・位牌の処分方法③:位牌じまいの専門業者に依頼する

位牌じまいの専門業者に依頼して送付すれば、下記のものを魂抜き供養してお焚き上げしてもらえます。

・ご本尊仏像や掛軸
・各種位牌(白木位牌、本位牌、繰り出し位牌)
・法名軸、戒名軸、お札類
・遺影写真
・過去帳
・他仏壇内部のもの

【ご本尊仏像や掛軸の例↓】

sP1090962

【各種位牌(白木位牌、本位牌、繰り出し位牌)の例↓】

S処理済~P1090391

これらを宅配便で送付すれば、業者の供養場にて定期的にお坊さんに魂抜きをしてもらえます。供養の様子は動画で無料確認することができるので安心です。

また、希望者すれば供養証明書の発行や、供養の個別写真撮影の依頼も可能です。

送付対応の位牌じまい専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/ihai/

4、「仏壇本体を廃棄処分する」方法3通り

4-1、仏壇本体の廃棄処分方法①:神戸市の粗大ごみ収集制度を利用する

魂抜き供養が済んだ仏壇本体は「ただの木の箱」になります。あなたに心理的な抵抗がなければ、そのまま神戸市の大型ごみとして捨てることも法律上は可能です。

下記の「神戸市大型ごみ品目一覧表」内の品目に「仏壇」が明記されていますので、収集してもらうことが可能です。

神戸市大型ごみ品目一覧表
https://www.ogatagomi.city.kobe.lg.jp/eco/view/kobe/dustSearch.html?te-uniquekey=168c66c1265

上記一覧表では、仏壇は分類が「家具・寝具類」で、手数料は1,200円となっています。ただし、『「供養済」の張り紙をしてください』という注意書きが書いてあります。

「きちんと魂抜き供養をしてからでないと、大型ごみとして収集しません」ということです。業者が発行してくれた「供養証明書」のコピーを添付しておけば確実です。

神戸市のゴミに関しての詳細は下記ホームページを参照してください。

神戸市ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/

神戸市ゴミ・リサイクルのページ
http://www.city.kobe.lg.jp/life/recycle/index.html

4-2、仏壇本体の廃棄処分方法②:仏壇整理の専門業者に引き取ってもらう

もしあなたが、仏壇を大型ごみとして出すことに抵抗があるという場合は、2番目の方法である、「仏壇整理の専門業者に引き取ってもらう」というやり方があります。

仏壇整理の専門業者に依頼すれば、魂抜き供養から、ご本尊仏像・掛軸や位牌・遺影写真・過去帳を含めた仏壇一式の引取り~お焚き上げ処分までしてもらえます。

自分でゴミに出すより、もちろん費用はかかりますが、その分かなりの手間が省けます。この場合の仏壇本体の廃棄処分費用(供養代込み)は2.5~5万円程度です。

神戸市内で引取り可能な仏壇整理業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/lp1kobe/

4-3、仏壇本体の廃棄処分方法③:遺品整理業者などに引き取ってもらう

もしあなたが親の遺品整理中で、仏壇の整理に困っている場合でしたら、遺品整理業者に仏壇の引き取りを依頼することもできます。

ただし、やはり魂抜き供養は済ませておくことが前提です。供養が済んでいる仏壇は、タンス等と同じように引き取ってくれる場合が多いので聞いてみましょう。

この場合も、「供養証明書」があればスムーズに進むでしょう。供養済みの仏壇を遺品整理業者に引き取ってもらう場合の費用は通常、遺品整理業務自体の見積もりに含まれていることが多いです。

仏壇対応の遺品整理業者はコチラ⇒http://reset-all.com/lp1/

5、まとめ

以上、「兵庫県神戸市内で仏壇処分をする3つの方法と費用相場」について解説しました。

魂抜き供養と仏壇本体処分の方法の組み合わせは、大きく次の3つの方法に集約されます。

1、供養はお坊さんに、仏壇廃棄は大型ごみまたは専門業者に依頼
2、供養も仏壇廃棄も仏壇処分の専門業者に依頼
3、魂抜き対象物を位牌じまい業者へ送付、仏壇本体は大型ごみに出す

いずれにしても「ご先祖様への感謝の気持ち」を忘れずにいることが大切です。こうした気持ちを忘れなければ、仏教の儀式や作法をそれほど気にすることもない時代になっています。

なお、仏壇整理など供養じまいの際には、トラブルを未然に防ぐため、親族・関係者とよく相談してから進めましょう。

神戸で仏壇整理処分の専門業者https://reset-soul.com/lp1/

位牌や仏壇の供養〜整理処分でお困りではありませんか?

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者があります。相談は無料ですので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。

先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものです。

公式サイト位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る