/
 /

魂抜き・お性根抜きにおける、お布施袋の書き方と渡し方のマナー

魂抜き(たましいぬき)やお性根抜き(おしょうねぬき)の法要(ほうよう)では、お坊さんにお布施(おふせ:謝礼のこと)を渡します。そしてそのことに対して、「どのような袋を用い、どのように表書きや裏書きを書けばいいのか」という相談をよく受けます。

魂抜き・お性根抜き法要とは、「お仏壇やお墓を処分したり改葬したりする際に、そのお仏壇やお墓に宿っている魂をお坊さんに抜いてもらう仏教の儀式」のことを指します。また、この法要は閉眼供養(へいがんくよう)ともいいます。

同じ仏教儀式である葬儀やお通夜などは、ほとんどの人が参列する機会があります。そのため、お渡しする香典袋の書き方や渡し方の作法について、「全くわからない」ということはありません。

その一方で魂抜き法要は、多くの人にとって「一生の内に一度あるかないか」という仏事になります。そうしたことから、閉眼供養時のお坊さんへ渡すお布施袋の書き方や渡し方については、知らない人がほとんどです。

【お坊さんにお布施袋を渡しているところ】

処理済~P1040522縮小版640x480

さらに、先祖代々より付き合いがあった寺院との縁が薄くなってきていたり、両親が亡くなったりして、「聞ける人がいない」という状況である人も多いです。

ただ、そうした場合でも心配することはありません。魂抜き・お性根抜き法要で使用するお布施袋については、「適した袋の選び方」「表・裏面の正しい書き方」「渡し方のマナー」さえ知っていれば、悩むことなく事を進められるようになります。

初めてでも、お坊さんとの関係を良好に保て、法要を進めることができます。

今回は、魂抜き・お性根抜き法要における、お布施袋の作法について解説します。

お布施袋はどんなものを使えばいいのか?

魂抜き・お性根抜き法要で使用するお布施袋は、白封筒やコンビニで売っている「お布施」と印刷された封筒で充分です。

【市販のお布施袋の種類】

P1040526縮小版640x480

お坊さんへの感謝とお礼を伝えることがお布施の目的です。そのため、あまり形式にこだわった仰々しく豪華な不祝儀袋である必要はありません。

葬儀や重要な法要などで高額なお布施を入れる場合には、お布施袋もそれなりの形式にしなければいけません。ただ、魂抜き・お性根抜きなどの法要では、市販の簡易な不祝儀袋や、「お布施」と印刷された封筒を使用しても大丈夫です。

簡易な袋を使用したからといって、お坊さんに対して失礼になることはありません。

なお、不祝儀袋とは、弔事や仏事でお金を入れる袋のことです。一方、結婚式や結納などのお祝いごとで使用する袋は祝儀袋といいます。お布施袋や不祝儀袋は、コンビニや100均ショップで購入できます。

【不祝儀袋】

P1040530縮小版640x480

次に、お布施袋の書き方について解説します。

お布施袋の書き方、お金を入れる向き

魂抜き・お性根抜きにおけるお布施袋の表書きは、できるだけ漢字で上部に「御布施」と書きます。お布施以外に、交通費であるお車料や宴席代のお膳料を渡す場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記してください。

そして、それぞれの袋の下部には、「〇〇家(例:藤井家)」または「フルネーム(例:藤井憲詞)」と書きます。

【お布施袋書き方】

P1040529縮小版640x480

【お車料、御膳料などの書き方】

P1040528縮小版640x480

また、裏面に、「住所、氏名、金額」を書いておけば、より丁寧です。

お布施は労働対価ではありませんので、本来は金額を書く必要はありません。しかし、寺院の記録や経理・税務上、「書いてあった方が都合がよい」とお坊さんからよく聞きます。そのため、迷ったらとりあえず書いておきましょう。

そして、金額は算用数字(1、2、3)ではなく、以下に示すような漢数字(壱、弐、参)で書きます。さらに数字の頭に「金~」、最後に「~圓也」を入れます。

使用する漢数字:壱、弐、参、四、伍、六、七、八、九、拾、百、阡、萬
単位:圓

記入例は以下のようになります:

5,000円    ⇒金伍阡圓也
10,000円  ⇒金壱萬圓也
30,000円  ⇒金参萬圓也
35,000円  ⇒金参萬伍阡圓也
50,000円  ⇒金伍萬圓也、または金五萬圓也
100,000円⇒金壱拾萬圓也

【裏面の書き方例】

P1040525縮小版640x480

なお、お布施袋の表書きは、できるだけ毛筆で書きます。そして、うす墨(薄い墨)ではなく濃墨(普通の真っ黒な墨)を使用してください。

葬儀のお香典などはうす墨で書きますが、お悔やみ事でない魂抜き・お性根抜きのお布施は、普通の真っ黒な墨でけっこうです。

このときに使用する筆は、市販の筆ペンを使用して問題ありません。なお、筆ペンには濃墨用とうす墨用があるので間違えないようにしてください。

【濃墨とうす墨】

P1040531縮小版640x480

また使用する紙幣に関しては、魂抜き・お性根抜きの場合には、古いお札ではなく新札を使用します。

お香典などでは、古いお札を使ったり、新札にわざわざ折り目を入れたりして使用します。これは「不幸に対してあらかじめ新札を準備している」という失礼を避けるためです。

その一方で、魂抜き・お性根抜きのお布施は、あらかじめ準備しておくものなので新札を用意するようにします。

なお、袋にお金を入れる向きですが、お布施袋の表面に肖像画(=福沢諭吉さん)がくるように入れます。お香典とは反対の向きになるので注意してください。

【お金を入れる向き】

P1040535縮小版640x480

最後に、お布施を渡すマナーについて解説します。

お坊さんへのお布施袋の渡し方マナー

一般的にお布施を渡すタイミングは、読経が終わりお坊さんが帰られる直前にお礼を申し上げながら渡します。お茶やお茶菓子などといっしょに出されると、感謝の気持ちがより伝わります。

そして、お布施を切手盆(きってぼん)という四角いお盆に載せて渡します。正式には、切手盆の上に掛袱紗(かけふくさ)をかけたり、お布施を袱紗(ふくさ)で包んだりします。袱紗とは、平たくいえば「ふろしき」のようなものです。

魂抜き・お性根抜きの法要では、袱紗などがない場合でも、最低限の礼儀として、切手盆にお布施をのせて渡すことをおすすめします。お布施袋をそのまま裸で手渡しするのは、マナー違反ですので避けてください。

【切手盆にお布施を載せたところ】

P1040524縮小版640x480

そしてお渡しするときは、お布施と書かれた文字の正面をお坊さん側へ向けて(お坊さんが読めるように)差し出します。

その時のお礼・あいさつは、あまり形式張るよりは、簡単に「本日はありがとうございました。些少ですがどうぞお納めくださいませ。」と感謝を伝えます。

【お布施を渡す向き】

IMG_5380縮小版640X480

【お坊さんにお布施袋を渡しているところ】

処理済~P1040522縮小版640x480

また、お車料やお膳料を同時に渡す場合は、切手盆の下から順にお膳料、お車料、お布施と重ねます。

【下から順にお膳料、お車料、お布施を重ねたところ】

P1040533縮小版640x480

これらの作法は、唯一絶対のものではありません。各地域や宗旨宗派、お坊さん個人の考え方、また時代の移り変わりとともに変化していきます。

ただ、今回お伝えしたようなお布施袋に関する、「適した袋の選び方」「表・裏面の正しい書き方」「渡し方のマナー」など、最低限のマナーを知っておくことは大切です。そして、やはり「心をこめて感謝の気持ちを伝える」ということを、忘れてはならないと思います。

関連記事魂・お性根抜きのお布施金額の相場

お坊さん手配サイト魂抜き供養なら。お布施一律3.5万円~(大阪・愛知)

位牌や仏壇の供養〜整理処分でお困りではありませんか?

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者があります。相談は無料ですので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。

先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものです。

公式サイト位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら

 

位牌や仏壇の魂・お性根抜き〜お焚き上げ処分いたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る