/
 /

仏壇の移動・引っ越しをする場合に必要な供養とは?

引っ越しや家の建て替え、部屋のリフォームや片付けなどで、仏壇の移動や運搬をする場合、「どのような法要や供養が必要になるのか?」と言う質問をよく受けます。

そのような場合、「なにか供養をしなければならないのはわかっているが、具体的にどのような状況で何をすればいいのかわからない」という方が多いです。

なぜなら、多くの方にとって仏壇の移動は、一生のうちでもあまり経験することのないことだからです。

さらに、檀家離れなどで、寺院やお坊さんとの付き合いもだんだん希薄になってきており、気軽に供養のことについて、相談できる相手も少なくなってきています。

ただ心配することはありません。仏壇の引っ越しや移動をする場合は、「どのような供養が必要か?」と、「供養が必要な移動のパターン」さえ知っていれば、スムーズに進めることができます。

今回は、初めてでも失敗しない「仏壇の引っ越しや移動をする時の、供養の仕方」について解説します。

どんな供養が必要か?

仏壇の引っ越しや移動をする場合、どんな供養が必要になるのでしょうか?これを理解するための、仏教の基本的な考え方を知っておきましょう。

仏教の基本的な考え方

仏教のほとんどの宗派では、仏壇に「魂やお性根を入れる」、または、仏壇から「魂やお性根を抜く」という考え方をします。

最初に仏壇を購入した時に行う儀式を、魂入れ(たましいいれ)・お性根入れ(おしょうねいれ)・開眼供養(かいげんくよう)と言います。

そして、仏壇を移動したり、処分をしたりする時に行う儀式が、魂抜き(たましいぬき)・お性根抜き(おしょうねぬき)・閉眼供養(へいがんくよう)と呼ばれるものです。

【魂・お性根抜き供養状況】

処理済~P1040784縮小版640x480

私たちは、「お仏壇に、仏さまやご先祖様の魂が宿っている」と信じているからこそ、普段手を合わせ、拝んでいます。これは、もともとお仏壇を買った時に、お坊さんにより魂入れを行ってもらっているからなのです。

したがって、仏様やご先祖様が宿られた状態のままで、仏壇を動かしたり処分したりすることは、仏教の考えではタブーとされているのです。

つまり、仏壇を移動する際には、お坊さんにお経を上げてもらい、仏壇に宿ったご先祖様の魂を抜いて供養をしてもらう必要があるのです。

魂・お性根を抜くことによって、お仏壇はただの入れ物に戻ります。その後、動かしたり処分したりしてもよいという考え方になります。

ちなみに浄土真宗では、魂・お性根という概念がありません。その代わりに入仏法要(にゅうぶつほうよう)・遷仏法要(せんぶつほうよう)という考え方があり、仏壇の移動の際には、同じように読経の儀式が行われています。

要は、宗旨宗派が違っても、仏壇を移動する際には、お坊さんにお経を上げてもらうことが必要になります。

仏壇の移動パターン別、供養の必要性

ひとくちに「仏壇を移動する」と言っても、いろいろなパターンがあります。以下の4つのパターンが考えられます。

1、引っ越し
2、同じ敷地内にある別家屋(離れなど)への移動
3、同じ家屋内での部屋間の移動
4、同じ部屋の中で配置を変える

【仏壇の移動】

⑨P1010628縮小版640x480

同じ仏壇移動でも、魂・お性根抜きが必要になる場合と、不要な場合があります。ひとつずつ見ていきましょう。

1、引っ越し

引っ越しの場合は、まず魂・お性根を抜く必要があります。魂・お性根抜きをお坊さんにしてもらった後、仏壇を引っ越し先に移動・運搬し、その後再び、魂・お性根を入れてもらいます。

引っ越しの時間帯や段取り、お坊さんの都合などもありますが、魂・お性根抜きと魂・お性根入れを、一日で済ませてしまう場合もあったり、別日で行う場合があったりします。

このように、魂・お性根抜きと、魂・お性根入れは必ずセットになります。仏壇を買い換える場合なども同様です。

2、同じ敷地内にある別家屋(離れなど)への移動

別家屋への移動は、引っ越しと同じように考えます。要は、仏壇を家から出す場合は、魂・お性根抜きが必要になるということです。

同じ敷地内での移動なので、魂・お性根抜きと魂・お性根入れは、通常一日で済ませることが可能です。お坊さんには、あらかじめその旨を伝えておくとよいでしょう。

同じマンション棟内での、号室間移動や階数移動は、同じく引っ越しと同じ扱いになります。

3、同じ家屋内での部屋間の移動

家の中での部屋間移動は、供養は不要です。たとえば、一戸建ての2階から1階へ移動する、和室から洋室へ移動する、などです。

供養は不要ですが、ご本尊さまや位牌などは、白い布や白い紙で包んで移動するとよいでしょう。目隠しという意味合いがあります。

4、同じ部屋の中で配置を変える

配置換えの場合、供養不要です。仏壇の位置を少しずらす、横へ移動する、向きを変える、などの場合は何もせずそのまま移動してもオッケーです。

移動以外で、仏壇の供養が必要な場合とは?

仏壇を移動するとき以外で、魂抜き・お性根抜きなどの供養が必要な場合を、参考までに以下に列記します。

・仏壇の処分
・位牌の処分
・仏像、脇侍軸(わきじじく、仏壇内の掛軸)、遺影(写真類)、人形などの処分

【位牌の処分】

P1040569処理済縮小版640x480

仏壇以外では、

・お墓の改葬(建て替えやリフォーム)
・お墓の移転、引っ越し
・お墓の解体処分(墓終いまたは、墓仕舞いといわれるもの)
・墓石本体への戒名追加(この場合は魂入れ)

【仏壇、墓地、仏像、掛軸】

④霊園内六地蔵尊P1030299縮小版640x480

いずれの場合も、魂抜き・お性根抜きの読経が終われば、お仏壇やお墓は自由に動かしたり処分したりすることができます。

関連記事初めてでもできるお仏壇処分の3ステップ

お坊さん手配サイト魂抜き供養なら。お布施一律3.5万円(大阪・愛知)

位牌や仏壇の供養〜整理処分でお困りではありませんか?

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者があります。相談は無料ですので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。

先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものです。

公式サイト位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら

 

位牌や仏壇の魂・お性根抜き〜お焚き上げ処分いたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る