/
 /

八尾市内で仏壇処分をする方法と費用相場

八尾市は人口が大阪府第9位の約27万人の中核都市です。八尾市のように比較的人口も世帯数も多い都市では、仏壇整理・処分をする人が年々増えてきています。

【仏壇整理前の供養の例↓】

s処理済~P1090617

両親が亡くなったり高齢者施設に入居したり、などで子供や身内が仏壇を引き取れなくなる、といったことが主な理由です。

また、同時にお寺との檀家関係も希薄になってきていて、お坊さんにもなかなか相談しづらいという事情がある人もいます。

このように、どうやって仏壇の整理や供養処分をすればいいのかわからない人が多いのが現実です。ただ、実際はそれほどややこしいものではありません。

仏壇や位牌を処分する具体的な方法は、一般に、

①まず、供養をしてから
②その後、廃棄処分する

という流れになります。

以下では、八尾市内で仏壇整理や仏壇処分をするための、「供養方法」と「廃棄処分方法」について具体的に解説します。

仏壇処分前の3つの供養方法

なぜ供養をするのか?

一般に、仏壇処分前には、「魂抜き(たましいぬき)・お性根抜き(おしょうねぬき)」などと呼ばれる「閉眼供養(へいがんくよう)」を行ないます。

仏教の多くの宗派では、最初に仏壇に対し「魂入れ(たましいいれ)やお性根入れ(おしょうねいれ)」等の供養儀式を行なっているからです。

魂・お性根を入れる対象物は原則として、

・ご本尊仏像や掛け軸(仏壇内の正面中心にあるもの)
・脇侍(わきじ)=ご本尊の左右にある仏像や掛け軸
・位牌
・遺影写真
・過去帳

などになります。

【仏像・位牌・遺影・過去帳の例↓】

s処理済~P1090563

【仏像と掛け軸の組み合わせ例↓】

s処理済~P1090560

【いろいろな位牌の種類↓】

S処理済~P1090391

初めに魂・お性根を入れるので、仏壇処分をする前には、魂・お性根を抜くという供養儀式を行うことが一般的です。

なお、浄土真宗では魂という概念はありませんが、仏壇処分の前には「遷座(せんざ)供養」などと呼ばれる同様の儀式を行います。

このように、どの宗派であれ、仏壇処分前には何らかの供養をするということが一般的です。

供養の具体的な方法

一般に、仏壇処分前の供養には次の3つの方法があります。

①直接お坊さんに依頼する
②お坊さん手配サービスを利用する
③ご供養専門業者に依頼する

それぞれを見ていきましょう。

直接お坊さんに依頼する方法

あなたが檀家(だんか)なら、特段の事情(お坊さんへの不信感、離檀したいなど)がない限り、檀那寺(だんなでら)に魂・お性根抜きの供養を直接依頼するのが一般的です。

檀那寺とは、檀家によってお布施や寄付などで運営を支えられている関係にあるお寺のことです。
檀那寺のお坊さんは一番安心できます。ただ、供養の準備やお坊さんへの対応がわずらわしいと感じる人もいます。さらに、お布施の金額も直接聞きづらく悩みの種です。

一般に、こうした魂・お性根抜きの閉眼供養でのお布施金額は、1~5万円程度が相場です。実際は、宗派や寺院によってまちまちなので困ってしまいます。

さらに、檀那寺の場合、別途お車料・お膳料・心付けなどが必要な場合もあり、現実には決まった金額というものがありません。

【お布施金額は悩みのタネ↓】

処理済~P1040522縮小版640x480

お坊さん手配サービスを利用する方法

また、あなたが檀家でない場合や、檀那寺に直接頼みたくない場合などもあります。檀那寺との関係に距離を置きたい場合です。

そうした場合は、インターネットの僧侶・お坊さん手配サイトなどで探して、1回だけの供養依頼をすることも可能です。

メリットは、1回だけのお付き合いなので、後々のわずらわしい檀家関係を続ける必要がないことです。

また、お布施金額相場は、お車料・お膳料・心付けなど全て込みで、ポッキリ3.5~4.5万円程度とあらかじめ決まっており、悩むこともありません。

ただ、どのようなお坊さんが来るかわからないというデメリットがあります。そのような場合は、仏壇処分専門業者と提携しているお坊さんは、顔が見えて比較的安心できるでしょう。スタッフがきちんと対応してくれる場合が多く、供養後の仏壇処分までまとめて依頼できます。

大阪で魂抜きの僧侶手配サービスはコチラ⇒https://reset-soul.com/useful/obousan/

ご供養専門業者に依頼する方法

お坊さんに来てもらわず、供養対象物だけを送付して、魂・お性根抜き供養をしてもらう方法もあります。

前述したように、魂・お性根抜きの対象物は原則として、

・仏像や掛け軸
・位牌
・遺影写真
・過去帳

などになります。

これらご供養対象物を宅配便で送付し、ご供養専門業者の供養場にて、お坊さんに魂・お性根を抜いてもらうのです。

【供養専門業者による、送付後のご供養状況例↓】

処理済~P1060429縮小版

魂・お性根抜き供養とお焚き上げ焼却処分にかかる費用は、供養対象物1点あたり5,000円~です。

大阪で送付対応の供養専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/ihai/

こうして、「ご本尊仏像・掛け軸・位牌・遺影写真・過去帳」などから魂・お性根を抜くことで、残った仏壇本体は「単なる入れ物・箱」になります。

供養後の仏壇の廃棄処分方法

一般的な廃棄処分方法

供養後の仏壇本体は「単なる入れ物・箱」になりますから、法律上はタンスなどと同じように廃棄してもよいということになります。(宗教上、心理的な抵抗がない場合)

一般に仏壇の廃棄処分の方法は、以下のような3通りのやり方があります。

①自治体の粗大ごみ制度を利用する
②仏壇整理・処分の専門業者に依頼する
③遺品整理業者や片付け業者に依頼する

それぞれについて見ていきましょう。

①自治体の粗大ごみ制度を利用する

八尾市の粗大ごみ制度では、残念ながら仏壇に対応していません。

八尾市の場合、下記の「収集・処理ができない主な品目表↓」に「仏壇・神棚」が記載されており、粗大ごみとして回収してもらえません。

https://www.city.yao.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000023/23351/p12.pdf

「販売店や宗派の寺院に相談してください」と書かれています。ただ、その場合、以下のような可能性があります。

販売店:仏壇を購入もしないのに、処分だけ頼むのは気が引ける
寺院:檀家ではないので寺院やお坊さんと付き合いがない、供養はしてもらえるが処分はできないと言われた

また、ご自身で供養後の仏壇を解体し、廃木材として粗大ごみに出すことは可能かもしれません。その場合は、下記の八尾市「粗大ごみ受付センター」に直接問い合わせ相談してください。

八尾市の「粗大ごみ受付センター」
電話番号:0800-222-9966(通話料無料)
携帯電話・PHS・一部のIP電話からは072-923-9966
ファックス番号:072-923-0030
受付日:月曜日~金曜日(祝祭日可)
受付時間:午前9時~午後5時まで

参考↓
八尾市総合ホームページ
https://www.city.yao.osaka.jp/

八尾市ゴミの総合ページ
https://www.city.yao.osaka.jp/category/1-16-0-0-0.html

八尾市の粗大ごみの出し方ページ
https://www.city.yao.osaka.jp/0000037504.html

②仏壇整理・処分の専門業者に依頼する

仏壇を廃棄する2番目の方法は、仏壇整理・処分の専門業者に依頼するやり方です。この方法はもっとも手間がかかりません。

魂・お性根抜き供養から、仏壇の回収~廃棄処分まで一式行ってもらえます。また、ご本尊仏像や掛け軸・位牌・遺影・過去帳などのご供養処分なども一緒にできます。

【仏壇整理処分業者による回収の例↓】

⑨P1010628縮小版640x480
お坊さんを手配してもらいたい場合も対応してもらえます。逆に、お坊さんに来てほしくない場合は、業者の供養場で供養してもらえます。事情に合わせて選択できるので便利です。

さらに、ご供養証明書の発行や、供養の様子がわかる動画なども視聴できるので安心です。費用相場は、仏壇の大きさや位牌・遺影などの数、搬出ロケーション、個別供養か合同供養か、などにより変わりますが、およそ3~7万円程度です。

大阪で仏壇整理処分の専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/lp1/

③遺品整理業者や片付け業者に依頼する

もしあなたが親の遺品整理を行っている場合でしたら、遺品整理業者や片付け業者に、仏壇処分を依頼できる場合もあります。

遺品整理業者などの場合は、「魂抜きの供養は済んでいます」と言って、供養証明書などを提示すれば引き取ってくれる場合が多いです。

また、解体業者や片付け業者に依頼する場合も、仏壇内の供養対象物である「仏像・掛け軸・位牌・遺影・過去帳」などをあらかじめ取り出しておきます。

そして、同じく「魂抜きの供養は済んでいます」と言って、供養証明書などを提示すれば引き取ってくれる場合が多いです。

仏壇内の「仏像・掛け軸・位牌・遺影・過去帳」などは、事前にお坊さんやご供養専門業者などに依頼して、魂・お性根抜き供養とお焚き上げ処分をしておきましょう。

大阪で送付対応のご供養専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/ihai/

【お焚き上げの例↓】

%e5%87%a6%e7%90%86%e6%b8%88%ef%bd%9ep1050304%e7%b8%ae%e5%b0%8f%e7%89%88

なお、一般的な仏具で燃えるものについては、あなたに心理的な抵抗がなければ、ゴミとして処分しても差し支えありません。おリンや飾り物など金属製でリサイクル可能な仏具は資源ゴミとして出すのが原則です。八尾市のゴミの出し方ルールに従って処分してください。

【一般的な仏具の例↓】

sP1090556

まとめ

以上、「八尾市内で仏壇処分をする方法と費用相場」について解説しました。

供養については、お坊さんに直接依頼する方法が一番安心できます。ただ、あまりこだわりがなければ、ご供養専門業者に依頼すれば経済的です。

また、面倒であれば、仏壇整理処分の専門業者に一式依頼する方法がもっとも楽です。

ただ、供養の原則は「ご先祖様への感謝」です。こうした気持ちさえ忘れなければ、必要以上に宗教ルールに固執しなくてもよい時代になってきていると思います。

なお、仏壇の整理・処分の際には、親族・関係者とよく相談し合意の上、のちのちトラブルのないよう進めましょう。

位牌や仏壇の供養〜整理処分でお困りではありませんか?

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者があります。相談は無料ですので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。

先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものです。

公式サイト位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら

 

位牌や仏壇の魂・お性根抜き〜お焚き上げ処分いたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る