/
 /

大阪で仏壇処分をする方法と、その供養の仕方、費用・料金の相場

両親が亡くなったり、老人ホームに入居したりあるいは、引っ越しをしたりなどを機会に、仏壇整理や仏壇処分をする人が増えてきています。

ただ、仏壇の場合、どのように供養処分をすればいいのかわからない人が多いのが現実です。

仏壇や位牌の処分の仕方は、地域や宗派による作法・しきたりなどにより多少の違いはありますが、一般に、

1、魂・お性根抜きなどの供養をする
2、仏壇本体や位牌などを廃棄処分する

という手順で行います。

仏壇の廃棄処分で、あなたが住んでいる地域自治体の廃棄物回収を利用する場合は、市町村ごとにルールが違います。自治体窓口への確認が必要です。

今回は、「大阪で仏壇処分をする方法と、その供養の仕方、費用・料金の相場」を解説します。

④P1010515縮小版640✕480

手順1:魂・お性根抜きなどの供養をする

仏壇処分前に供養をする理由

仏壇処分の前には、魂・お性根抜きなどの供養をおこなうのが一般的です。

この理由は、仏教の多くの宗派では、初めて仏壇を家に入れたり、新しく仏壇を購入したりした際に、魂入れ(たましいいれ)・お性根入れ(おしょうねいれ)の供養儀式を行なっているからです。

この魂入れ・お性根入れの供養を「開眼供養(かいげんくよう)」といいます。浄土真宗は魂の概念はありませんが、同じような儀式を「入仏供養(にゅうぶつくよう)」と呼びます。

魂・お性根を入れる対象物は、宗派により違いはありますが、原則

・ご本尊様(仏像や掛け軸)
・位牌
・遺影写真
・過去帳

などになります。

こうして魂を入れる事により、仏様やご先祖様に対し供養を行っていく準備を整えます。

【ご本尊様(仏像と掛け軸)の例↓】

P1040922縮小版640x480

【各種位牌の例↓】

P1040569処理済縮小版640x480

魂を抜くという概念

このように最初に魂を入れるので、面倒を見られなくなって仏壇や位牌の整理処分をする場合には、あらためて魂を抜くという儀式が必要になります。

これらの儀式は一般には、魂抜き・お性根抜きと言われるものです。宗派により呼び方は変わりますが、「閉眼供養(へいがんくよう)」と呼ばれることが多いです。浄土真宗では「遷座(せんざ)供養」などと呼ばれる儀式を行います。

これら魂抜き・お性根抜きの対象になるものも、魂・お性根入れと同じく、「ご本尊様(仏像や掛け軸)・位牌・遺影写真・過去帳」となります。

魂を抜く3つの方法

ところで、魂・お性根を抜くなどの供養方法には以下の3つの方法があります。

1、お坊さんに直接供養してもらう
2、仏壇処分の専門業者に依頼する
3、供養対象物を供養じまい業者に送付する

簡単に、それぞれ3つの方法をひとつずつ見ていきます。

供養方法1:お坊さんに直接供養してもらう方法

お坊さんに家まで来てもらい、直接仏壇の前でお経をあげていただきます。檀家さんの場合は旦那時のお坊さんに、また檀家さんでない場合は僧侶手配サービスなどで探して依頼します。

一番安心できる方法ですが、準備や対応がわずらわしいことや、檀家さんの場合は、お布施をいくら渡したらいいかわからないというデメリットもあります。

なお、こうした供養でお坊さんにお渡しするお布施金額の相場は、1~5万円程度です。別途、お車料などが必要な場合もあります。また、僧侶手配サービスなどでは、全て込みで3.5~4.5万円程度が相場です。

そして、お坊さんは供養後に仏壇を持ち帰ってくれません。したがって、仏壇本体の廃棄処分は自らしなくてはならないので、これらも手間になります。

【お坊さんによる魂抜き供養の例↓】

処理済~③P1010333縮小版640x480

供養方法2:仏壇処分の専門業者に依頼する方法

仏壇処分専門業者に依頼する方法は、魂抜き供養から仏壇の回収引取り~最終処分までを一式行ってもらえます。

希望すれば、お坊さんの訪問手配もしてもらえます。また、お坊さんを家に呼びたくない場合も、仏壇引取り後に魂抜き供養と廃棄処分をした上で、供養証明書の発行などもしてもらえます。

もちろん、供養対象物である「ご本尊様(仏像や掛け軸)・位牌・遺影写真・過去帳」なども一緒に回収処分してもらえます。

あなたは何もしなくても良いので、一番楽な方法です。かかる合計費用は、仏壇の大きさなどにより、3~7万円程度です。

大阪で仏壇の引き取り供養処分の専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/lp1/

【仏壇処分専門業者への依頼例↓】

⑨P1010628縮小版640x480

供養方法3:供養対象物を供養じまい業者に送付する方法

仏壇の中の供養対象物である、「ご本尊様(仏像・掛け軸)、位牌、遺影写真、過去帳」などを供養じまい専門業者に送付して、魂・お性根抜き供養をしてもらう方法です。

供養後は、お焚き上げ(焼却処分)もしてもらえます。また、供養状況は動画などで確認でき、供養証明書の発行もしてもらえます。費用は、供養対象物1点あたり5,000円~程度です。

こうして、供養対象物を送付後、お坊さんによる魂・お性根抜き供養をしてもらえば、仏壇本体はただの入れ物になりますから、通常の家具等と同じ扱いで、あなた自身が自分で処分することが可能です。

供養を供養じまい専門業者に依頼し、仏壇本体の処分を自分でするという組み合わせになります。

大阪から送付できる供養じまい専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/ihai/

【位牌などの宅配便送付例↓】

位牌7

手順2:仏壇本体や位牌などを廃棄処分する

仏壇本体は入れ物

このようにして、仏壇内のご本尊様(仏像・掛け軸)・位牌・遺影写真・過去帳などから魂・お性根を抜くことにより、仏壇を単なる入れ物にします。

単なる入れ物ですから、理屈としては一般の家具などと同じように廃棄処分で扱ってもよいことになります。

自分で自治体のゴミ回収制度を利用したり、遺品整理業者や片付け業者・引越し業者に依頼したりして、廃棄処分します。通常は、「お坊さんによる魂抜きの供養は終わっています」といえば引き取ってくれる場合が多いです。

大阪で、仏壇本体を自治体のゴミ回収に出す方法

仏壇本体を自治体のゴミ回収に出すには、通常は「粗大ごみ」として、住んでいる各市町村のゴミ回収のルールに従います。

仏壇の場合、ゴミ回収作業員の信心する宗教の関係もあり、粗大ごみとして回収してくれない自治体もありますので、事前確認が必要です。

一般に、仏壇などを粗大ごみとして回収してもらう場合の費用は市町村により、無料~数千円程度です。

以下は、大阪府の各自治体のホームページ一覧とリンク先ページです。多くの市町村ホームページでは、ゴミ回収に関するルールのページは、「くらし・生活>ごみ回収>家庭ごみ」という表示の箇所に載っています。

「仏壇を粗大ごみとして回収してもらえるか?」「回収時のルールは?」「供養の必要性は?」などについてあなたが住んでいる市町村役場に確認してください。

大阪府の各自治体のホームページ一覧⇒http://www.pref.osaka.lg.jp/koho/links/city.html

【役場へ確認↓】

f140627631f0689e474e973ab88703ee_s

仏壇の中身の処分方法はどうする?

供養後に、仏壇本体を自治体のゴミ回収に出す際に、仏壇の中にある仏具や位牌・遺影写真などはどうすればいいか、多くの人が悩みます。

なぜなら、いくら魂を抜いたからといって、先祖代々のお位牌や、両親の遺影写真などをそのままポイッとゴミで捨ててしまうにはさすがに抵抗があるからです。

一般的な仏具(花立て、線香立て等)についてはゴミとして処分しても差し支えありません。ただ、位牌や遺影写真などは、宗教的な観点から「お焚き上げ」をするのが良いでしょう。以下に種類別のおすすめ処分方法を示します。

1、ゴミ回収に出してもよいもの(リサイクル可能なもの)
金属製の仏具:花立て、線香立て、香炉、ろうそく立て、おりん、飾り物など

2、ゴミ回収に出してもよいもの(リサイクルできないもの)
プラスチック製、陶器製、木製の仏具:仏飯器、茶器、おりん台、木魚など
消耗品:線香、ろうそく、香炉の灰など

3、お焚き上げ(焼却)しておきたいもの
仏像、掛け軸、位牌、遺影写真、過去帳、経本、卒塔婆、仏画など

【いろいろな仏具類↓】

IMG_4827縮小版640x480

P1050032縮小版640x480

IMG_5194縮小版640x480

自宅の庭などで焼却できる環境にある場合は、自分でお焚き上げしても良いでしょう。自分でできない場合は、近くのお寺でお焚きあげをしてくれる場合もありますので確認してみましょう。

なお、供養じまい業者に依頼すれば、魂・お性根抜き供養からお焚き上げまで一式やってもらえます。

大阪から送付できる供養じまい専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/ihai/

【お焚き上げ焼却の例↓】

処理済~処理済~P1050303縮小版

まとめ

以上、「大阪で仏壇処分をする方法と、その供養の仕方、費用・料金の相場」について解説しました。

伝統や格式を重んじる家では、仏壇供養については、お坊さんに来ていただくことが一番でしょう。ただ、あまり儀式にこだわりがない場合は、仏壇処分の専門業者に一式を依頼する方法もあります。

また、費用を安く済ませたい場合は、供養対象物だけを業者に送付して供養処分し、仏壇本体は大阪の各市町村の回収に出せば経済的です。

宗教的な儀式や作法も大切ですが、やはり供養の基本は「ご先祖様への感謝」です。この感謝の気持ちを忘れずにさえいれば、あまりルールにこだわる必要のない時代になりつつあります。

いずれにしても、親族・家族とよく相談して、トラブルのないよう仏壇処分をしましょう。

位牌や仏壇の供養〜整理処分でお困りではありませんか?

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者があります。相談は無料ですので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。

先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものです。

公式サイト位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら

 

位牌や仏壇の魂・お性根抜き〜お焚き上げ処分いたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る