/
 /

お地蔵様の撤去で近隣トラブルを回避するポイント

街のあちらこちらでよく見かけるお地蔵様。多くは祠(ほこら)の中でお供え物や生花などに囲まれ、町内会や近隣の方たちが日々お世話をして維持管理されています。

ただ、お世話をしている方々の高齢化やまた、土地の売買などによって、お地蔵様の面倒を見られなくなり撤去せざるを得ないケースが増えてきています。

地蔵8

このようなケースでは、お地蔵様の所有者と設置場所の土地所有者が異なる場合も多く、撤去に当たりトラブルになることもあります。

今回は、「お地蔵様の撤去で近隣トラブルを回避するポイント」について解説します。

お地蔵様の撤去でなぜトラブルが起きるか?

お地蔵様の維持管理には、次のような人たちが関係しています。

1、地蔵の所有者
2、地蔵設置場所の地主
3、地蔵の世話人、管理者

この3者がすべて同一の場合は問題ありません。自分の土地(庭など)に自分の費用でお地蔵様を設置し、自分で日々のお世話をしている場合です。こうした場合は、もちろん自分の一存でお地蔵様を撤去・処分しても誰も文句を言う権利はありません。

【自分の土地(庭)に地蔵様がある例】

地蔵4

ただ、地蔵の所有者・地主・世話人が異なる場合は注意が必要です。よくあるパターンは、所有者と世話人が町内会で、設置場所を第三者である地主に借りている場合です。

地主が何らかの都合で土地を売買したい場合、町内会に同意を得ず地蔵を撤去すればトラブルのもとになります。

また、不動産会社が買い取った土地にお地蔵様がある場合などに、日々お世話をしてきた近隣住民の方々に一言の相談もなく、お地蔵様を撤去すれば何らかの問題が起きる可能性があります。

例えて言うなら、「借地をして自宅を建設したのに、地主が勝手に建物を解体してしまった」ようなイメージです。

お地蔵様の撤去でトラブルが起こるパターン

お地蔵様の撤去でトラブルが起こる状況のパターンには大きく以下の3通りあります。

A:町内会の高齢化などにより地蔵様のお世話ができなくなる場合
B:土地の売買により地蔵様の撤去が必要となった場合
C:地蔵様の所有者と地主は同じだが、日々の世話人が異なる場合

ひとつずつ見ていきましょう。

A:町内会の高齢化などにより地蔵様のお世話ができなくなる場合

よくあるケースが、町内会で所有するお地蔵様の面倒を見る人がいなくなった場合に、お地蔵様撤去の同意が町内会内で得られない場合です。

【町内会で供養・面倒を見ているお地蔵様の例↓】

処理済~P1050101縮小版

「お世話ができなくなったお地蔵様は撤去すべき」派と、
「お世話ができなくなってもお地蔵様は残してほしい」派の、

の意見統一ができない場合です。

世話をせず放置すればだんだんと荒れていきます。設置場所の地主が一個人の場合は、荒れ果てたお地蔵様や祠(ほこら)が自分の土地に残っていることは気持ちのいいことではありません。

こうして同意を得られないまま、放置されているお地蔵様もあります。また、同意を得られないまま強制的に撤去すれば、町内会内でトラブルが発生する可能性があります。

B:土地の売買により地蔵様の撤去が必要となった場合

次に、不動産会社が買い取った土地にお地蔵様がある場合です。不動産会社としてはもちろん何らかの開発をして売りたいので、お地蔵様を撤去しようとします。

この時、いままで面倒を見てきた近隣住民の方々の同意を得ず、いきなり撤去してしまうとトラブルになることがあります。

不動産会社としては、少なくとも近隣の方や町内会長などに相談をし、コンセンサスを取るべきでしょう。そのほうが、最終的には土地も売れやすくなることは間違いありません。

C:地蔵様の所有者と地主は同じだが、日々の世話人が異なる場合

上記Bパターンの不動産会社が地元の住民に入れ替わった場合です。地元住民が町内会のために、自分の土地をお地蔵様の設置に無償提供している場合です。

【土地を提供している例↓】

S処理済~P1090788

この地主が何らかの都合で土地を売ることになった時に、お地蔵様を強制撤去しようとした場合です。Bパターンと同じく、いままで面倒を見てきた近隣住民の方々の同意を得ず、いきなり撤去してしまうとトラブルになることがあります。

やはり、町内会長などに相談をし、コンセンサスを取るべきでしょう。

お地蔵様の撤去の仕方

お地蔵様の所有者・地主・世話人の間で十分な同意・コンセンサスが取れたら、以下の流れでお地蔵様を撤去します。

お地蔵様じまいの流れ

1、関係者全員の了承を得る(既述)
2、お地蔵様の魂抜き・お性根抜き(閉眼供養)をする
3、お地蔵様を撤去~処分、または移設する
4、祠(ほこら)を撤去~処分する
5、台座を解体撤去する

詳しい流れについては以下を参照してください。
お地蔵様撤去・処分・供養の流れ⇒https://reset-soul.com/useful/jizoujimai-point

まとめ

以上、「お地蔵様の撤去で近隣トラブルを回避するポイント」について解説しました。

地蔵様の持ち主や地主ももちろんですが、日頃からお地蔵様のお世話をしてくださってきた近隣住民の方々の理解と了承は大切です。のちのちトラブルに発展しないよう、全員の同意を得ておきましょう。

お地蔵様仕舞いの専門業者サイトはこちら⇒https://reset-soul.com/useful/jizou/

位牌や仏壇の供養〜整理処分でお困りではありませんか?

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者があります。相談は無料ですので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。

先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものです。

公式サイト位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら

 

位牌や仏壇の魂・お性根抜き〜お焚き上げ処分いたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る