/
 /

お位牌を供養処分する2つの方法:継承できなくなったらどうする?

2010年ごろから、先祖代々のお仏壇の面倒を見られなくなる方が、急に増えてきました。それは、継承する人がいないことが主な理由です。また同様に、仏壇の中にまつってあるお位牌についても、引き継げない方が多くなっています。

ただ、そうした方々は、「そもそもどのようにしてお位牌の供養や処分などの仕舞いをすればよいのか」ということを理解していない場合がほとんどです。

それは、お位牌の仕舞いは、多くの方々にとって人生初の経験だからです。

お位牌は両親・祖父母やご先祖様の魂(霊)が宿り、代々受け継がれてきたお札であるため、気軽にゴミとして捨てるわけにもいきません。

ただそうした際にも、心配する必要はありません。やむを得ずお位牌を手放さざるを得なくなった場合には、「魂を抜いてお焚きあげ処分する」もしくは「永代供養に出す」というどちらかの方法で解決することができます。

このことさえ知っていれば、きちんとご先祖様の供養を済ませ、お位牌の仕舞いをすることが出来ます。

【位牌の魂抜き・お性根抜き供養中】

処理済~⑨お位牌、ご遺影などの御魂抜きご供養P1030199縮小版640x480

今回は、「お位牌を供養処分する2つの方法」について解説します。

お位牌の形を残さない(完全に廃棄処分する)方法

お位牌を供養処分する1つの方法に、「魂抜き・お性根抜きをしたあと、お焚き上げ処分する」というものがあります。これは、お位牌の形を残さずに供養処分する方法になります。以下に、お位牌の形を残さずに供養処分する手順やその意味について記します。

なぜ魂抜き(たましいぬき)をするのか?

1つ目の方法は「魂を・お性根を抜いてお焚きあげ処分する」方法で、これはお位牌の形を残さない仕舞い方です。

お位牌とは、お仏壇の中にまつられている、ご先祖様の名前(生前名または戒名)が書かれた黒い縦長の板状のお札です。高さが20cmを超える大きなものから、10cmより小さいものまでいろいろなサイズのものがあります。

さらに位牌には、一枚物の板状のものと、ボックス形状で扉がついた「繰り出し位牌」という2種類があります。

※白木の位牌(白い位牌)は、本位牌を作る前の仮位牌です。葬儀から四十九日までの間まつるため、仮に作った急造の位牌になります。

【左から、白木の位牌、本位牌、繰り出し位牌】

処理済~IMG_5193縮小版640x480

いずれの位牌も最初に作った時に、お坊さんによって魂入れ(たましいいれ)や、お性根入れ(おしょうねいれ)という仏教の儀式を行っています。この儀式を開眼供養(かいげんくよう)といいます。

この魂入れにより、位牌には故人やご先祖様の魂(霊)が宿るため、日々ご供養や感謝の気持ちを伝える対象物になります。そして、位牌は「家の継続への思いを形にしたもの」といいかえることもできます。

このような理由から、お位牌を完全に処分するには、まず「魂を抜く」という儀式を行う必要があります。魂抜きは、お性根抜き(おしょうねぬき)や閉眼供養(へいがんくよう)ともいいます。

そして魂抜き・お性根抜きには、ご先祖様の魂がお位牌に宿ったまま処分してしまわないように、魂を天(浄土)に返してあげるという意味があります。つまり魂抜き・お性根抜きとは、処分前に魂を抜くことにより、お位牌を単なる名前の書かれたお札に戻す儀式です。

お坊さんに魂抜きの法要を依頼する

魂抜き・お性根抜きは、仏教の儀式である「法要(ほうよう)」の一種です。法要とは、各種仏式行事(葬儀・四十九日や、お盆・〇〇回忌など)で、お坊さんにお経を上げてもらう儀式のことです。したがって魂抜きは、寺院・お坊さんに依頼します。

あなたが、すでに寺院の檀家(だんか)さんでお坊さんと付き合いがある場合には、「お位牌の面倒を見られなくなった」という旨をお坊さんに伝えて、魂抜き(お性根抜き、閉眼供養)をお願いしてください。

【魂抜き・お性根抜き供養】

処理済~③P1010333縮小版640x480

檀家とは、その寺院の有料登録会員みたいなものです。一般的に、お坊さんは檀家さん以外に対して法要をしません。つまり「一見さんお断り」という寺院が多いです。

また、檀家離れが進むにつれて、寺院やお坊さんとお付き合いのない方も多くなっています。そうした際には、「お仏壇仕舞い専門業者」に依頼するか、「お坊さん紹介・派遣サービス」などを活用することで、魂抜きを行うことができます。

お位牌をお焚き上げする

魂抜き・お性根抜きを終えたお位牌は、タダのもの(名前が書かれた木製のお札)になります。法的にはゴミとして扱ってもなんら問題はありません。ただ、ご先祖様の銘が刻まれたものを、そのままゴミで捨てるのも心が痛みます。そのため、お焚き上げ(おたきあげ)などの焼却処分をするのが一般的です。

魂抜きと同じように、お焚き上げにも「ご先祖様を天(浄土)へ返す」という意味があります。お焚きあげは、魂抜きをお願いした寺院に相談するか、可能な場合は自ら焼却されてもよいかと思います。

なお「ご供養仕舞い専門業者」に依頼すると、魂抜き・お性根抜きからお焚き上げ(焼却処分)まで一式を行なってもらえます。

【位牌のお焚き上げ】

%e5%87%a6%e7%90%86%e6%b8%88%ef%bd%9e%e5%87%a6%e7%90%86%e6%b8%88%ef%bd%9ep1050303%e7%b8%ae%e5%b0%8f%e7%89%88

以上が、お位牌の形を残さない=完全に廃棄処分する流れです。

お位牌の形を残す供養方法

お位牌の供養方法には、お焚きあげなどの廃棄処分をせず、お位牌の存在や形を残したまま手放す「永代供養」もあります。

永代供養とは、寺院や霊園などにお位牌を預けて、あなたの代わりにご先祖様の供養を将来に渡り行なってもらえる「継続供養のシステム」です。

そして最終的には(33年程度が多いようです)、お焚きあげ(焼却)などの廃棄処分をしてもらうことができます。永代供養をしてもらえる年数は、寺院によって異なりますが、必ずしも「期限がなく永久に」という意味ではありません。

本来、永代供養とは、お墓がない方やお墓を作らない方などが、遺骨を寺院や霊園などの合同墓に合同埋葬して、親族に代わって毎年定期的にご供養をしてもらえる遺骨の供養の形態をいいます。

【永代供養墓】

③合祀納骨墓P1030300縮小版640x480

社会の高齢化に伴い、面倒を見られなくなったお位牌が多くなっています。そのためそうしたニーズが増えており、相談を受けてもらえる寺院や霊園も出てきました。そして、もしあなたがどこかの寺院の檀家であれば、多くの場合お位牌の永代供養を行ってもらえます。

また、寺院やお坊さんとの付き合いがない場合には、一般の方でも永代供養を受け付けている寺院や霊園もたくさんあります。

ただ、先祖代々のお墓があったり、すでに遺骨を永代供養に出されていたりする場合は、お墓と同じ故人名が書かれたお位牌を永代供養に出す必要はありません。

なぜなら、すでにお墓や永代供養墓が、供養の対象(永代供養の対象)として存在しているからです。こうした場合には、お位牌は最初に述べた方法で廃棄処分されてよいと思います。

このようにお位牌の供養処分方法には、完全廃棄するのではなく、永代供養するという選択肢もあります。

「お焚き上げ」と「永代供養」どちらを選ぶか?

永代供養のメリットは、あなたに代わって将来に渡り寺院に先祖供養をしてもらえることです。そのため、あなたが直接かかわらなくても、供養をしてもらっているという安心感があります。ただ、永代供養には費用がかかるというデメリットがあります。

永代供養の費用は、それぞれの寺院や霊園、または安置場所のレベルなど、ご供養の形態によってまちまちです。相場は、お位牌一つにつき10~50万円くらいであることが多いです。

お位牌を完全に廃棄する「魂を抜いてお焚きあげ処分する」方法が、お位牌一つにつき5千円~1万円程度です。

そのため、永代供養は経済的に余裕のある人のための方法になります。

こうしたことから「永代供養までは必要ない」また「費用的に永代供養は無理だ」という方は、1つ目の「魂・お性根を抜いて、お焚き上げ処分する」方法を選ぶのがベターだといえます。

そして、お位牌の仕舞い方法でのちのちトラブルが起きないよう、家族や親族と充分な話し合いをして、みなさん了承の上で進めることが大切です。

なお、位牌処分の費用相場などは、下記の記事を参考にしてください。

▶位牌処分の費用相場:お性根抜きからお焚きあげまでいくらかかるか?
▶位牌処分を専門業者に依頼するときの、押さえておきたい3つのポイント

「全国・全宗派対応のお坊さん手配」なら、以下の詳細をクリック↓↓


終活お役立ち情報サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る